レッスンのご案内 → http://mimeyama.jimdo.com/ピアノレッスン/
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相模原市緑区橋本 やまもとみめピアノ教室

相模原市橋本にて、音楽ライター山本美芽がレッスンするピアノ教室の様子です。

バーナム1巻 手の形が崩れる理由

f:id:mimeyama:20170106204006j:imagef:id:mimeyama:20170106204008j:image

 

息子、多喜先生のレッスンへ。バーナムのこのパターン、手を丸くして弾くように指導が入りますが、2の指がへこんでしまう。

筋力が弱いから、弱い音でゆっくり練習しながら筋力つけていく必要があるそうです。

小学3年生、正念場です。

先生からフェイスブックにいただいたコメントです。

「子供は(親も)ついつい大きな音を求めて指先に力を入れてしまいます。力の抜けた丸い手(形を作るのでは無くて、関節が緩んだ自然な手は丸い形に見えます)の形をキープしたまま鍵盤を押すのは、関節の角度を維持する筋力が必要なんです。(特に指が長くて細い子は)大きな音を出したくて力を入れて弾いて来た2や3の指は関節がひっくり返るように伸びてしまいますが、このクセを改善するには本人の忍耐と努力が要ります。このところ精神的な成長が目覚ましいAくんは、今なら頑張ってこのクセ改善にチャレンジ出来るかなと思いました。それで「今年の目標」に決定」