レッスンのご案内 → http://mimeyama.jimdo.com/ピアノレッスン/

相模原市橋本 山本美芽ピアノ教室

緑区大山町 アリオ橋本・橋本小からすぐ。個性にあわせてピアノの基礎をきっちり学べるレッスンです。

ふたたびレッスン!!

上級者の方が音大卒業以来、
初のレッスンでいらっしゃいました。
記念すべきレッスン再デビュー!!
眠れなかったなんて、、復活できて良かった。

「今日はレッスンありがとうございました!
とても楽しくあっという間でした。
脱力=「いい音を鳴らすこと」
指や身体の使い方だとばかり思っていたので、
目から鱗でした。

少しずつ出来ることが増やせたら、こんな嬉しいことはないです。次回が今から楽しみです。

追伸:昨晩は緊張であまり眠れず…いま昼ごはんを食べながら、ものすごい睡魔に襲われています。
お紅茶、美味しかったです。
ごちそうさまでした」f:id:mimeyama:20201008234144j:image

こんなに楽に弾けるなんて

 

ピアノソロ 斎藤守也(from レ・フレール)『MONOLOGUE』
 

 


上級者ママ友の大人の生徒さん、9月から半年ぶりにレッスン復活、2回目のレッスン。

まずはハノンの半音階、

ショパンのバラード2番。なかなか大変ですが
夢中で譜読みしてるとか。良かった。
「老眼でシャープが良く見えません!」
「半音階進行なんで隣に行けば大丈夫ですよ」

斎藤守也「FLOW 」は、
この前弾いてお聞かせしたら「やってみたい」といって練習してきてくれました。
「この左手、難しいですね、、、」
「2がポイントなんですよ」

「昔は手が痛くてどうしても弾けなかったものが、こんなに楽に弾けるんだって思うと、練習していて本当に楽しいんです」

と言っていただき
手前味噌ではありますし、まだまだ勉強が必要ですが、これまで学んだこと、取材を通して得たたくさんの知見を自分なり消化して、伝えられていたら良いなと思っています。f:id:mimeyama:20200929225810j:image
f:id:mimeyama:20200929225814j:image

 

 

久しぶりの大人の生徒さんレッスン

大人の生徒さんと半年ぶりレッスン。
斎藤守也さんのモノローグBとバラ2ことショパンのバラード番を半分譜読みして来てくれました。

 

ノローグB なぜか譜読み難しい。ナインスコードとかたくさんありますね。よりくすんだ色合い。

Aメロの1音目

小指だとなんか響かない
薬指にしたら響く

どうして⁉︎

ショパンは4の指が一番いい指って言っていたそうですよ。

 

バラ2は大変なんだけどスケルツォの2番を前にやっていた生徒さんなので
コンパクトで良いですねーと。
繰り返しが多いから案外攻略しやすい。

 

バラ2は、高校のときステージで弾きました。確か。
それ以来人前で弾いてない、、、爆 

すみません。一緒に練習しますね!

 

半年ぶりですが、1か月ぶりぐらいの感じでした。

 

 

 

 

「れふぁら」をたくさん書いたよ

入会したばかり、気合いの入ったコーディネートで
レッスンにいつも来る小1女子ちゃん
お盆前にれふぁらを書いてきてねと宿題にしたら
こんなにたくさん書いてきてくれました。

 

f:id:mimeyama:20200822113757j:image
毎日ずっと書いていた模様です。

 

入会したばかりですが、楽譜が少しだけ読めてきました。

すぐにピアノを買わなくても大丈夫なわけ

新学期となった6月、体験レッスンが続いています。

小学校1年生の女の子が何人か。特に女の子は小学1年生だとしっかりしていますので、もう、十分レッスンできますね。

ピアノの購入は、レッスンが始まってからしばらく様子を見てからで大丈夫ですとお伝えしています。

まずは、これから弾く曲を歌って覚えること、リズムをとることが大切です。

歌えない、リズムがとれないと、弾こうとしてもぐちゃぐちゃになったり止まったりしてちっともうまくいきません。歌えてリズムが叩けると、スムーズです。

あわせて、12345の数字を見ながら指を動かす練習をしてもらいます。

もちろん最初からピアノがあればありがたいのですが、もしいまないのであれば、慎重に選ぶのがよいのです。どんな楽器で練習するか、それによって子どものピアノ人生が決まっていく面もあります。高い買い物でもあり、置き場所などご家庭の事情にもよりますし、予算の許す中でベストな選択をしていただきたいと思っています。車を買うのと同じぐらいの感じと思ってください。ちなみに新品のアップライトピアノは下取りに出すと値段が付くことが多いです。

 

レッスンをはじめて、お母様には動画で歌を3-4分で録画してもらい、それを家で毎日見ながら本を広げてお子様に歌ってもらっています。次のレッスンで上手に歌えると、「ちゃんと練習していたのね」とわかります。

 

レッスンに来たときは、ピアノが弾きたい気持ちになっていますので、たくさんたくさんひかせてあげます。音符を読んだり歌って弾くこともやりますが、音符抜きに、自由に好きな場所を弾いてみることもします。私がそれに伴奏をつけてふたりで一緒に即興演奏になることもあります。生徒さんのいたずら弾きでも作品っぽくかっこよい伴奏をつけてあげて、弾くのが気持ちいい、音って楽しい、と実感してもらえるように。

 

そうやって「毎日練習する」習慣や、ピアノのレッスンを楽しみにして通う姿を見ていると、保護者様もピアノを買って大丈夫かなとだんだん安心できるようです。

 

歌うことで、音感リズム感あらゆる力が伸びます。とくに年長から小学校低学年ぐらいは吸収力が旺盛な時期です。あとからは、とりかえせない時期でもあります。なんでピアノに来て歌なんだろうとちょっと不思議に思うかもしれませんが、ピアノというのは、心の中で歌っているものを指で弾くものなのです。だから声に出して歌えないと心でも歌えないし、ピアノでも歌えません。機械のように弾くのであればいまはスマホアプリがありますから、そちらにやってもらえばすむことです。大切なのは自分の気持ちを歌にできる、音にできること。ちょっと大げさになってしまいましたけれど、そんなところまで含めて、歌はピアノの基礎になるのです。だから、レッスンでも歌いますし、おうちでたくさん歌をうたってもらっています。

 

もちろん、ピアノを買わない期間があまり長すぎるのは困ります。できれば1か月から2か月、遅くとも3か月ぐらいのうちにピアノが来るようにしていただけるとありがたいと思います。あくまでご相談しながらです。

 

そんなふうに進めていくので、あまり心配しないで体験にいらしてください。

相模原 橋本 ピアノ教室 - 音楽ライター/ピアノ教本研究家 山本美芽 Mime Yamamoto

 

今日は楽しみなことがある

この前、ピアノの体験に来た小1の生徒さんがご入会
ピアノの初レッスンでいらっしゃいました。
「今日は、楽しみなことがある」って朝からレッスン楽しみにしててくれたそうで。

早く弾きたい!みたいな様子で椅子に座って
もっと弾きたい、もっと弾きたいって顔で
夢中で教えて、弾いていたら
あっという間に30分。
体験で教えていたことも覚えていて。

弾きたい!!! と思っているお子さんと
一緒にピアノを弾いてる時間は
本当に幸せでした。

 

レッスンのお問い合わせはこちらをご覧ください。

遠方の方はオンラインレッスンを受け付けております。

https://mimeyama.jimdo.com/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%B3/

二人三脚

きょうレッスンにいらしたピアノの生徒さんのお母さま。
自粛解除になってから初めてお会いしました。
オンラインレッスンでずっとやりとりしながら
お子さんは休み中の時間を使って教本も進み
「やっと普通にレッスンできるようになりましたね、、」とお互い、しみじみ、、

 

いつもは姉妹でいらしていて、妹さんは、いつもは待ち時間にワークをするのですが、今日は疲れたのでおうちに帰ってからする、というので、そうしていただくことに。

 

夜、お母様からご自宅で解いたワークの写真がラインで届きました。花丸をつけてお返ししました。

f:id:mimeyama:20200702084913p:image

コロナでオンラインレッスン、大変でしたが、お母様と二人三脚で無理なくレッスンを進める体制がいっそう整った気がします。

 

レッスンのお問い合わせはこちらをご覧ください。

 

https://mimeyama.jimdo.com/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%B3/