レッスンのご案内 → http://mimeyama.jimdo.com/ピアノレッスン/

相模原市橋本 山本美芽ピアノ教室

緑区大山町 アリオ橋本・橋本小からすぐ。個性にあわせてピアノの基礎をきっちり学べるレッスンです。

まだソナチネを弾いている息子

息子と多喜先生のレッスンへ。
息子は相変わらずソナチネの1楽章。

私はシューベルトのトリオ。

息子は秋から同じ1楽章ずーっとやってます。

だいぶ弾けるようになってきたんですが
2楽章やる気がいまいちない。
先生からは「何か違う曲もやっていいわよ」と。

「2楽章あんまり好きじゃないんだよな〜。こんどは貴婦人の乗馬が弾きたいな」f:id:mimeyama:20180118215637j:image

「えっ‼︎ ブルグミュラーやったことないのに!?」

「冬のグループレッスンでお母さんが弾いてたじゃん。いいかなぁって」

アラベスクとか素直な心とかは?」

「貴婦人の乗馬がいい」

「そうなの?じゃ、やってみる?」

「とりあえずやってみる」

できるんだろうか。

冬のグループレッスン

冬のグループレッスンを行いました。

 

4人のグループレッスンで、まず、ひとりずつ演奏。
小さな集まりなのに、緊張します。
この日のために頑張ってみんな上手くなっていました。f:id:mimeyama:20171225171909j:image

 

春からピアノを始めたnちゃんは、人前で初めて弾きました。バッチリ!


練習しなさいというより、場をつくる方が練習するんです。

弾き終わってからはカルタと、カエルさんタイム、
指相撲。お母さん達も本気で参加。

いっぱい遊んで
大笑いしてから歌を歌ったら
とっても伸びやかでステキな歌声になりました。


「もっと大きな声で」って言うよりも、


心が開放されたら、声も出るんですね。

 

カエルさんジャンプ、遊びながら指先の感覚を鍛えます。

 

 

かえるさんジャンプ

かえるさんジャンプ

 

 

 

昭和音大にて講義「音楽講師として活躍するための基本」

昭和音大で「音楽講師として、活躍するための基本」講義に伺いました。f:id:mimeyama:20171220224210j:imagef:id:mimeyama:20171220224215j:imagef:id:mimeyama:20171220224219j:image

 昭和さんには毎年呼んでいただいて、今年で4回目になります。

趣味のレッスンを教える心構えや留意点についてお話ししました。

f:id:mimeyama:20171220224243j:image

学生さん達積極的に参加して下さいました。

レッスン前の雑談の練習として知らない人と世間話をするワーク 盛り上がりました。コミュニケーションスキルを意識して磨いていただくきっかけにしていただけたら幸いです。

 

 

第4回 大人女子クリスマス会

大人女子クリスマス会と称したミニ発表会を我が家で行いました。お客様役に生徒さんのママやご近所のママ友さん。演奏は大人の生徒さんと、お友達のピアノの先生がおふたり。あと私。
ドビュッシーメンデルスゾーン、リスト、チャイコフスキー、バッハ、グリーグプロコフィエフと、すごい豪華なプログラムになりました。

f:id:mimeyama:20171220085052j:imagef:id:mimeyama:20171220085057j:imagef:id:mimeyama:20171220085104j:image

f:id:mimeyama:20171220085135j:image
お客様でいらしたお誕生日のママさんが、30代なのでろうそく3本でお祝い。発表会兼お誕生日会です。女子で集って、ピアノ演奏とお茶とお菓子。幸せな時間でした。

冬休みにグループレッスン

子どもたちは、みんなの前で、何曲か弾くグループレッスンを冬休み、12月25日に予定しています。

初めて人前で弾く「デビュー」の生徒さんもいます。

我が家のリビングで、みんなで仲良くワイワイとやりますよ。

 

大人の生徒さんたちは、平日昼間に、我が家のリビングで、サロンコンサートを行います。ピアノの先生のご参加もあり、私も弾きます。

 

ドビュッシー「夢」

メンデルスゾーン「春の歌」

バッハ「シンフォニア

グリーグ「トロルハウゲンの婚礼の人」

プロコフィエフ「つかの間の幻影」

などなど、ちょっとした名曲コンサート。

 

調律も入れ、クリスマスツリーを飾り、

準備も進んでおりますよ。

 

f:id:mimeyama:20171209164547j:image

 

 

 

モーツァルトは自由!

大人の生徒さん、モーツァルトキラキラ星変奏曲を練習中。最近の研究をもとにした音楽之友社の名曲集なので、モーツァルト以外の人が書いたスラーや強弱がありません。

だから、強弱や切り方は自由なのです。

どうしたいか一緒に考えることにしたら「すっごく楽しいですね‼︎」と目がキラキラ。

自由はやる気を引き出すのです。

 

 

 

 

 

自宅練習サポート動画


自宅練習サポート へ短調の雪だるま

おうちで練習するとき、わからなくなってしまった時のために、サポート動画をレッスンの時に撮っています。

4年生からレッスンを始めた生徒さんにはこんな感じです。

 

 雪だるま(あっという間に全調が弾ける本)

 

動画をお母さまのラインに送り、見せていただくと、親子でのコミュニケーションのきっかけにもなるようです。