レッスンのご案内 → http://mimeyama.jimdo.com/ピアノレッスン/
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相模原市緑区橋本 やまもとみめピアノ教室

相模原市橋本にて、音楽ライター山本美芽がレッスンするピアノ教室の様子です。

シューマンの「子どもの情景」がサマになった!

ママ友で生徒さんのみちるさん。

シューマンの「子どもの情景」と、ベートーヴェンソナタ5番を弾いています。

きょうは、打鍵スピードを遅く、深みのある音色を出す練習を徹底してやりました。

 

シューマンの混声4部合唱みたいな、4つのパートを同時に弾く楽譜は、ソプラノにあたるメロディを出すのが大変です。

 

がんばってメロディを出したけど、なんか違う。

 

音色が固いので、曲の雰囲気と合わないんですね。

 

一度「こんなふうに」と弾いてさしあげたら、すぐにわかったようで

音色が変わりました。

 

少しだけテンポを落として、よく聴いて。

 

包丁で野菜を切るとき、大きさを揃えようと思うと、野菜を丁寧に並べて、幅に気を付けながら切りますよね。そんな感じで弾くんです。

 

みるみる柔らかくなったメロディーの音色。シューマンらしい、夢みるようなハーモニーのうつろいがぐんとひきたちます。

 

ベートーヴェンソナタ5番。中間部にも、出てきましたよ、この柔らかい音色が使えるところ。

 

打鍵スピードを遅くしてゆっくり弾くと、深みのある優しい音が出るんです。

 

覚えておくと、いろんな曲のいろんな場所で使えます。