レッスンのご案内 → http://mimeyama.jimdo.com/ピアノレッスン/
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相模原市緑区橋本 やまもとみめピアノ教室

相模原市橋本にて、音楽ライター山本美芽がレッスンするピアノ教室の様子です。

3歳からレッスンできますか?

3歳のお子さんのお父様から、お問合せをいただきました。

 

「3歳だと、まだレッスンには、早いですかね?」

 

30分間いすに座って、楽譜を読んで、先生の話をきいて、弾いて、という形のレッスンだと、3歳男子の大半は、むずかしいですね。

 

 

歌をうたう、リズムをとる、手遊びなどの音感教育全般。

 

ピアノがひけるような指の動きを準備する、音符を読むための準備としての色ぬりやワーク。

 

ピアノや鍵盤に慣れる。

 

といったことを3歳から、やったほうがいいですよ。

 

この時期は、音感と、習慣づくりです。

 

毎日おうちで、1日1回、練習と称してピアノの本を広げてピアノの前に座る。

レッスンの日は、お友達と遊びたくても我慢して、とにかく先生のところに行って、そのときは、ちゃんと頑張る。

ピアノの本や、ピアノは、大事にする。忘れ物をしない。

レッスンの前には、トイレをすませておいて、レッスンの最中に「トイレ行きたい」といって中断しないようにする。

先生には「お願いします」「ありがとうございました」のごあいさつをする。お月謝は、袋の向きを先生のほうにして、「お願いします」といって渡す。

先生のおうちでは、靴をぬいだらそろえる。夏でもはだしでは行かない。

ちょっと飽きてきたな~つまんないな~と思っても、がまんする。

先生の話、先生が弾いてくれるピアノの音を、よく聴く。

 

こうした習慣づくりが一番大事かもしれません。けっこうたいへんですよ。

歯磨きみたいにね。

3歳ですから、完璧にできなくてもいいんです。でも、めざしましょう。教えればできるようになりますよ。

それを3歳のときに頑張っておくと、4才、5才で、弾ける状態になったときに、練習に集中できていいですね。

 

ただ、3歳さんは、個人差もありますら、やはり4才になるのを待ったほうがいい場合も多々あります。早く始められればラッキーですけど、やはり本人に合っている投げかけをするのが一番ですから。実際にお会いして、体験レッスンしてから一緒に考えるのがおすすめです。

 

ホームページはこちらです。

mimeyama.jimdo.com