レッスンのご案内 → http://mimeyama.jimdo.com/ピアノレッスン/

相模原市橋本 山本美芽ピアノ教室

緑区大山町 アリオ橋本・橋本小からすぐ。個性にあわせてピアノの基礎をきっちり学べるレッスンです。

ショパンのスケルツォ攻略の秘策

ショパンのスケルツォ2番の最後の数ページを攻略中の大人の生徒さん。 いやはや、大変です。 メトロノームのゆっくりテンポからの片手練習 片手パートの両手びき 和声の要約 いろいろやってますが。 気長に頑張ってその前まではだいぶ弾けるように。 譜読み…

ホール練習会を行いました

サンエールさがみはらでピアノの生徒さんたちとホール練習会してきました。 私も講師演奏6曲弾きました。 「小さき花の詩」少ししっくり来た感じです。#littlelife #moriyasaito #piano #pianosolo #monologue #pianist #japan #yamaha #mimewriting 人前で…

夏休みにホール練習会

夏休みの平日午前中に、地元のホールが借りられたので、発表会ってほどじゃないけど、ピアノの生徒さんでこぢんまりとホール練習会をすることにしました。リハーサルでゆっくり練習して最後にみんなで順番に弾いていく感じです。ひとり10分ぐらいまで好きな…

左手のエチュードで、指が動くように!

ママ友で大人の生徒さん、みちるさん。 ショパンのスケルツォ2番に挑戦、 スケールもやり直しで毎週弾いています。 今日はfis mollで、なかなか難しい。左手の2の動きが、今ひとつ。片手ずつ弾いてみましたが、なかなか粒がそろいません。 試しに、 斎藤守也…

眠かったね。でも大丈夫

3時過ぎに幼稚園バスで帰宅後、昼寝に突入してしまった年中女子ちゃん。お母さんが必死に起こして4時からのピアノのレッスンに連れて来ましたが不機嫌にお母さんにくっついてます。 私は「よく来たね〜お母さん大変でしたね〜」と声をかけ、上着を脱いでいる…

ショパンエチュード

今日はピアノの先生がショパンエチュードをもってレッスンに来てくださいました。 お手本で全部のショパンエチュードをさらっと弾くなんて私には無理なんだけど(汗) でもこうすればいいのになぁっていうのはわかるので、音色の作り方や音楽の流れ、出した…

生徒さんの伴奏者デビュー

小学校の学習発表会、 4歳から育てた生徒ちゃんが、 立派に4年生の伴奏を務めました。 チラチラ指揮者を見て、テンポも良く 堂々と弾いてます。 なんて立派になったんだろう、、 涙が止まらないよ。

アンサンブルでリズムの感じを掴んで!

合唱伴奏に選ばれて頑張っている生徒ちゃん。上手に通せるのだけどリズムをもう少し出してほしい。今日は徹底的に合わせよう。ということで私が左手、生徒ちゃん右手。その逆。そして私が左手、生徒ちゃん右手、そのオクターブ上で私が右手で、サンドイッチ…

バルトークをそれらしく

大人の生徒さん、みちるさん。 初めてバルトークのルーマニア民族舞曲に挑戦しています。 右手の旋律をくっきり弾くため、脱力して1音1音を落とすタッチや、 高速スタッカートをシャープに決めるため、パーからグーにする要領でのタッチ、 ドラマチックなダ…

メリーさんの羊 はじめて4か月のはるのちゃん

4月からレッスンを始めた、3年生はるのちゃん。斎藤守也さんの「メリーさんの羊」が大好きです。耳コピで覚えて、ここまで弾けるようになりました。 ムジカノーヴァ 2018年8月号 出版社/メーカー: 音楽之友社 発売日: 2018/07/20 メディア: 雑誌 この商品を…

楽譜をスラスラ読める教材選び

連合音楽会の伴奏に選ばれた小4の生徒ちゃんがレッスンに来てくれました。 楽譜をもらってからオーディションまで10日しかなかったんだそうです。 譜読みの段階であきらめた子が多数。 弾いた子は3人だけだったとか。 ブルクを1週間で仕上げて弾いてくる生…

全員一致で伴奏者に

4年生の生徒ちゃんが今日オーディションで連合音楽会の伴奏者に選ばれたとお母様からの連絡。 「今日バッタリ先生に会ったのですがリズムがしっかりしていて他の先生たち全員一致で選ばれたとのことでした」 幼稚園のときから、うたピアノ、アキピアノ、呉先…

ドソミソを読もう

ドソミソの読み方 https://youtu.be/MTptM8LC5aY 月に入会した4年生女子ちゃん。まだレッスンを始めて3か月なのにピアノひけるよジュニア1が終わり物足りなさそうなのでスズキメソードの1巻を与えてみたらすごくピンときたみたいです。 毎日ピアノが弾きた…

白鍵は海、黒鍵は島

年中女子ちゃん。 1の指と3の指をドーナツの輪っかにして黒鍵だけをピアノの一番上まで弾きながら 「海に落ちないように」と イタズラっぽく笑っていました。 白鍵は海。黒鍵は島なのね! なんて素敵な想像力、 私は海なんてひとことも言ってませんから。

ピアノアドベンチャーは日本語?英語?

この春、年中の女子ちゃんが入会されました。 娘は高校生になっているので久しぶりにちっちゃな女の子のレッスンがもう可愛くてしかたない。 「はあい」とお返事する声の高くてかわいいこと。 孫ができたらこんな感じなんでしょうか。 自分の娘のときは毎日…

音符が読めるように指導します

音符は、読めるお子さんと読めないお子さんの差が激しく、 読める場合は幼稚園で読めるのですが、読むのが面倒で耳コピーになってしまい 小学校3.4年でも読めないケースが少なくありません。 このような場合は、簡単な楽譜で読む練習をしたり、音符の書き取…

いきなりチェルニー30番?

多喜先生のレッスンへ。息子、貴婦人の乗馬、よろよろ譜読み中。指づかい通りに片手練習してくるように、、、手首が下がらない。背中シャキッと。 先生は「貴婦人の乗馬だけっていうのもね。チェルニー30番の1番は?」と、先生。ブルクも貴婦人1曲しかやって…

まだソナチネを弾いている息子

息子と多喜先生のレッスンへ。息子は相変わらずソナチネの1楽章。 私はシューベルトのトリオ。 息子は秋から同じ1楽章ずーっとやってます。 だいぶ弾けるようになってきたんですが2楽章やる気がいまいちない。先生からは「何か違う曲もやっていいわよ」と。 …

冬のグループレッスン

冬のグループレッスンを行いました。 4人のグループレッスンで、まず、ひとりずつ演奏。小さな集まりなのに、緊張します。この日のために頑張ってみんな上手くなっていました。 春からピアノを始めたnちゃんは、人前で初めて弾きました。バッチリ! 練習しな…

昭和音大にて講義「音楽講師として活躍するための基本」

昭和音大で「音楽講師として、活躍するための基本」講義に伺いました。 昭和さんには毎年呼んでいただいて、今年で4回目になります。 趣味のレッスンを教える心構えや留意点についてお話ししました。 学生さん達積極的に参加して下さいました。 レッスン前の…

第4回 大人女子クリスマス会

大人女子クリスマス会と称したミニ発表会を我が家で行いました。お客様役に生徒さんのママやご近所のママ友さん。演奏は大人の生徒さんと、お友達のピアノの先生がおふたり。あと私。ドビュッシー、メンデルスゾーン、リスト、チャイコフスキー、バッハ、グ…

冬休みにグループレッスン

子どもたちは、みんなの前で、何曲か弾くグループレッスンを冬休み、12月25日に予定しています。 初めて人前で弾く「デビュー」の生徒さんもいます。 我が家のリビングで、みんなで仲良くワイワイとやりますよ。 大人の生徒さんたちは、平日昼間に、我が家の…

モーツァルトは自由!

大人の生徒さん、モーツァルトキラキラ星変奏曲を練習中。最近の研究をもとにした音楽之友社の名曲集なので、モーツァルト以外の人が書いたスラーや強弱がありません。 だから、強弱や切り方は自由なのです。 どうしたいか一緒に考えることにしたら「すっご…

自宅練習サポート動画

自宅練習サポート へ短調の雪だるま おうちで練習するとき、わからなくなってしまった時のために、サポート動画をレッスンの時に撮っています。 4年生からレッスンを始めた生徒さんにはこんな感じです。 雪だるま(あっという間に全調が弾ける本) 動画をお…

小3合唱伴奏のレッスン

昨日は3年生の生徒ちゃんが合唱伴奏の曲を持ってレッスンに来てくれました。よく譜読みしてあって頑張ったな。やはりリズムが難しいけどなんとかできてる。指がしっかりしてきたから音も出ている。しかし難しい曲だなぁ。3年生でこれを弾けるように逆算して…

講師演奏で大切にしてほしいこと

ピアノの先生が、発表会の前に、講師演奏のブラッシュアップのため、レッスンに来ていただきました。 あまり練習できていないので講師演奏で弾くかどうか迷っているということ。 私のほうも弾くことでかえってマイナスになることがないよう、きびしめに聴か…

おててはドーナツ

年中男子くんがピアノレッスンに来てくれました。 ミッフィーのピアノ絵本3巻。 レミファを弾いてみようとしましたが、指がまだ弱くてたいへんです。 お指でドーナツをつくって、ドーナツのまま弾いたら、いい音が出ましたよ。

大人の生徒さんと私で、おうちコンサート

大人の生徒さんと私で、我が家のリビングでミニコンサート、終わりました。 生徒さん 幻想即興曲 月の光私 英雄ポロネーズ、ワンノートサンバ連弾 エンターテイナー ファランドール お客様に、ママ友さんふたりが来てくださり、私も生徒さんも含め全員4年生…

息子に変化が

間に合わず特訓したステップ後、1週間。息子が変わりました。 ベートーベンの「ドイツのダンス」4小節を、右手3回、左手3回、ヨロヨロと、一人で譜読みしています。そして、超スローで両手で合わせました。 バーナムも、1回で終了せず、メトロノームをかけて…

次のピティナピアノステップは

月に一度、息子は多喜靖美先生にピアノをみていただいています。 ステップが終わったので、「追い込みすごかったね!」とお褒めをいただき、新しい曲を選んでいただきました。 ピアノの学校2から「ドイツのダンス」 ピアノの学校(2) コダーイ こどもの音楽教…